2011年01月31日

ウソ

この鳥、見たことあると思いませんか?

uso-0524.JPG

そう思ったあなた、気のせいではありません。
130円切手の絵になっていますから。

uso130.jpg

ウソは、スズメ目アトリ科です。
と口笛のような鳴き声を発することから名付けられています。
昔の人は、口笛を「うそ」といっていました。
囀声は「フィー、フィー」と口笛のような澄んだ声。

uso-0004.JPG

uso-0003.JPG

uso-0523.JPG

全長15pくらい、体重21-34g、翼長8.5cm。
体はスズメよりやや大きく、繁殖期は山地の針葉樹林に生息しています。
カラマツの多い小浅間山でよくみかけられます。
木の実や芽、昆虫などを食べます。
材木に付く虫を食べたりします。

uso-0522.JPG

uso-0521.JPG

uso-0520.JPG

uso-0519.JPG

uso-0517.JPG

uso-0516.JPG

uso-0526.JPG

assd9-107.JPG
ラベル:ウソ
【関連する記事】
posted by 風 at 13:27|   ウソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

野鳥たちがいっぱい

最近多いのがツグミたち。

assd9-104.JPG

assd9-103.JPG

assd9-102.JPG

assd9-101.JPG



ウソだよーん
assd9-107.JPG

assd9-106.JPG

assd9-105.JPG


ヒガラ
こいつはなれなれしいです。
assd9-100.JPG
posted by 風 at 23:39| バードウオッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

ヒヨドリ

ヒヨドリ
IMG_4659.JPG

夏は昆虫が主食で、冬は果実や種子が中心。枝に留まってついばんだり、空中で採餌します。果実も好物です。花蜜を好み、サクラやウメ、ツバキの花期には、花冠の中に嘴を差し込み、密をなめます。サクラの花を大量に落としてしまう原因となる鳥です。雛にはトンボ、ガ、甲虫など昆虫の成虫を与え、後期には果実を与えます。

 日本では北海道では夏鳥、本州以南では留鳥です。秋と春に大量の個体が群れで渡り、移動群は本州以南の各地でよく見られます。 低地や低山帯の樹林にすみます。庭木の多い人家周辺、樹木の多い公園などでも繁殖します。果樹のある庭などをよく訪れたり、果樹園にもやってきて損害を与えます。餌台にも多く集まります。

IMG_4660.JPG
posted by 風 at 20:29| ヒヨドリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。