2010年05月25日

ノゴマ

ノゴマ

 野駒。鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科。全長約15センチ。地上を跳ね歩きながら、また草むらや低木の枝で昆虫など小動物をとり、植物質はほとんど食べません。高山の、低木のある草地に渡来し、6〜7月に倒木などの物陰に巣をつくり、4〜5卵を産みます。抱卵は雌のみ、育雛は雌雄が共同で行います。雌はのどが白く、雄は赤いです。このため「日の丸」とよばれることがあります。
ラベル:ノゴマ
posted by 風 at 22:16|   ノゴマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。